コーヒーでアンチエイジング

普段よく飲むコーヒには嬉しい効果!!

朝に、仕事の休憩中に、食後に、と日頃からよく口にするコーヒー!!「なぜコーヒー?」っと聞かれると答えはなくただなんとなく。という方も多いはずです。でも、実はコーヒーにも嬉しい効果があるんです♪

効果1・ダイエット効果

女性にとって1番嬉しい効果かもしれませんね!!コーヒーに含まれている“カフェイン”と“クロロゲン酸”が鍵に。
「カフェイン」人間は体を動かしている時に働く「交感神経」と安静にしている時に働く「副交感神経」という二つの神経のしくみを持っています。

交感神経が働いているときは細胞はエネルギーを消費しやすい状態になり、逆に副交感神経がはたらいている時は逆にエネルギーを取り込みやすい状態になるのです。
そしてコーヒーに含まれているカフェインは交感神経の方を活性化する働きがあるので、細胞に蓄えられた脂肪がエネルギーとして使われやすくなります。

「クロロゲン酸」

クロロゲン酸は、脂肪の蓄積を抑える働きがあります。

つまりカフェインとクロロゲン酸のダブル摂取で、脂肪燃焼効果が期待できるんです!!でも、コーヒーを飲めば痩せる。っというわけではなく運動前(20~30分前)に飲んで脂肪燃焼効果を高める効果ということです。

効果2・アンチエイジング効果

コーヒーアンチエイジング
ここでは“ポルフェノール”が鍵に。「ポルフェノール」ポリフェノールは、肌のシミを少なくしたり、老化を防いだり、血糖値の上昇を緩やかにし糖尿病や肝臓病のリスクを軽減、糖尿病や、大腸がん、動脈硬化の予防、といった効果があると言われています。

他にも…様々な効果でアンチエイジング

健康の効果として上記の2つを上げてみましたが他にも、リラックス効果・脳の活性化・二日酔い防止・消化促進、などといった効果もいっぱいあるんです♪

カフェイン太り

このワードはよく耳にしますよね?適量のカフェインは良い効果がありますが逆に摂り過ぎてしまうと身体に悪影響をもたらしてしまいます。

・むくみ

むくみの敵であるナトリウム。ナトリウムはカリウムによって排出されますが、利尿効果のあるカリウムがカフェインによって消耗してしまう事で、
体内にナトリウムだけが蓄積されてしまいむくみにつながります。他にも、カフェインの利尿作用で脱水状態になり身体は体内の水分を逃さないようにし、更にむくんでしまいます。

・太るホルモン

カフェインは少量だと、脂肪燃焼効果がありますが、常に摂り過ぎてしまうと逆に太ってしまいます。カフェインには、ストレスホルモンである”コルチゾール”を増加させる作用があります。
コルチゾールの過剰状態は、心拍数や血圧を上昇し、身体にエネルギーを蓄えるようにします。身体にエネルギーを蓄えようとする事で、糖分を欲したり、筋肉を分解し、内臓脂肪も増加させてしまいます。

正しい摂取方法♪

正しいコーヒーダイエット
結果、飲みすぎ注意のコーヒー!!正しい摂取量・タイミングを知っておきましょう。カフェインの摂取量の上限は1日に約300~350mlと言われています。コーヒー1杯は、だいたい150ml前後のカフェインが含まれているので、1日2・3杯くらいまでにしましょう。

酸素運動を始める20~30分前に飲んでダイエット効果。食後に飲んで消化促進効果。といったタイミングがオススメ!!逆に寝る前はカフェインの交感神経を活性化する働きで寝つきが悪くなってしまうのでご注意ください!!

さいごに

ただしこれはあくまでブラックコーヒーのお話です。砂糖やミルクなどを入れてしまうとカロリーも増えてしまうので注意!!正しい摂取量・タイミングで普段なんとなく飲んでいたコーヒーもあなたの健康・美容方の味方に

コーヒーできれいに